昼顔からの

ドラマ「昼顔」を観た主婦のそれから

6. それは突然に

いわゆる腐女子と言うらしい。
いや、おばさんの場合、貴腐人
となり、このまま平和な?人生を歩むのか。
というころで事件は起った。
 
ある日、子供となじみのコンビニへ、
そこに見慣れないバイトの子が。
レジを打つ間も終始うつ向き、声も小さい。
ちょっと手も震えてる!
髪の毛で顔が隠れてるし。
今どき珍しいな。と思った。
 
何度か通っても、そんな調子。
なんだか、気になる。
帰りの車の中で思いあたった。
 
あ!私の好きなマンガの受けキャラにそっくりだ!
 
そんなことで、その秘密のマンガキャラの彼の店は、
私の贔屓になった。
見てるだけで、満足だ。
そのキャラが特に好きという訳ではなかったが、
私にとっては、芸能人のようなものだった。
 
ある日、いつものようにレジに行くと、
うつむき加減の顔を覆った前髪の隙間から、
赤面した笑顔がのぞいた。
 
カミナリが私に落ちた。
 
実際、倒れそうだった。
私は、レジ台に手をついた。
手をつかないと、その場に倒れてしまいそうだった。
 
 
10数年振りの、ときめきの瞬間だった。
広告を非表示にする